低反発マットレスとトゥルースリーパーについて語る!について

トゥルースリーパーを中心にレビューなどが詳しく書かれているサイトが「低反発マットレスランキング~快適睡眠を低反発マットレスで手に入れるには?」です。これを読んでアナタも低反発マットレスやトゥルースリーパーのことを知ってください!管理人も愛用中です^^ 快眠寝具でもある低反発マットレスとトゥルースリーパーについて睡眠のことや心地よく眠るために情報を発信していきます!低反発マットレスの中で最も人気の高いのがトゥルースリーパーです。

トゥルースリーパーは最大60日の返品保証

低反発マットレスは色んな会社から発売されていますが、マットレスの厚さがそれぞれ違います。
この厚さというのは結構大事で、薄いほうが合う方もいれば、厚い方が合う方もいます。
大抵の方は購入しようと考えている低反発マットレスが自分に合うものかどうか、分からないまま買うことになります。

購入後に使用してみて、合う合わないが分かるまで最低一週間はかかります。
そこでぴったりのものならいいのですが、合わなかった場合は困ります。
トゥルースリーパーは合わなかったら返品し、返金を受けることができるので、合う合わないを試すことが可能です。
商品によって期間が違いますが、30日~60日まで返品保証が設定されています。

低反発マットレスで床ずれ予防

近年介護保険の導入により、寝たきりのご老人の在宅介護が増えてきました。
寝たきりの方をお世話するのに気になるのが床ずれ(褥瘡じょくそう)です。
本人も痛いし、見てる方も辛いものがあります。

低反発マットレスは体圧が分散するので床ずれができづらいです。
予防として効果的だと思います。
床ずれには湿気が良くないので、寝たきりの方の体位を変えて湿気を逃がしてあげて下さいね。

床ずれ(褥瘡)防止には
1、低反発マットレスやエアマットレスなど体圧を分散するマットレスを使う
2、身体が蒸れないよう湿気に気をつけると共に体位交換をする
3、身体を清潔に
4、栄養バランスに気をつける

床ずれは出来てしまうとなかなか治りませんので、出来ないに越したことはありませんよね。
とはいえどんなに気をつけていても、出来てしまう時はあっという間に出来てしまいます。
例え床ずれが出来てしまったとしても、介護している方の責任ではないので、あまり気に病まないで下さいね。
いつも介護お疲れ様です。

低反発マットレスの歴史

低反発マットレスに使われている低反発ウレタンは、なんと米航空宇宙局NASAが一番最初に開発したのでした。
1970年のことです。
宇宙飛行士がロケット搭乗中に安全でいられるよう、衝撃や重力を吸収する素材が必要だったのです。

ウレタンフォームという素材自体が開発されたのは昭和30年代のことですが、
ロケットの加速時にかかる莫大な重力を吸収するには、
軟式ウレタンだと柔らかすぎるし(いわゆるスポンジです)、硬式ウレタンだと硬すぎです。
その為NASAのエームズ研究センターで改良が重ねられ、実際に使用が出来る形になりました。

その後、すぐに市場に出回ったかというとそうではなく、この宇宙技術応用の寝具が登場するまで20年かかっています。
今でこそ手軽に入手できる低反発マットレスですが、政府から民間へと研究が引き継がれたお陰なんですね。

こんな方におすすめです!まぁるいクッション

トゥルースリーパーには「まぁるいクッション」という、
体圧を分散してヒップを守るクッションも販売されています。
低反発のクッションはヒップにフィットして、体圧を一点に集中させないので
足への血流も確保され、足の冷えや浮腫みにも効果が期待できます。

このクッションを一番おすすめしたいのは、音大のピアノ科の学生さんや、
長時間ピアノをひく方です。
お尻の痛みに悩まれる方が本当に多くて、ピアノ科の友人はいつもいいクッションを探していました。
今も付き合いがあるので「まぁるいクッション」を勧めた所、大分楽になったそうです。
あまりクッションが分厚いとピアノが弾きづらいので、このくらいの厚さが丁度よいとのこと。
勿論、長時間椅子に座って作業をされる方にもおすすめです。

汗っかきの方でも安心のトゥルースリーパー

低反発マットレスで気になるのは寝汗だと思います。
その寝汗の問題点を解決する為に、トゥルースリーパーには
デュアルフェイスラップという、本体に被せるカバー(内カバー)がついてきます。

デュアルフェイスラップの表はメッシュタイプで、夏場用に。
さらっとした手触りです。
裏はジャージータイプで、夏以外の季節に対応しています。
通気性が良く、汚れたらご自宅で洗濯することもできます。

さらにトゥルースリーパー専用の別売りボックスカバー(ウレタンフォーム)を使用すると、
汗を多くかく方でも安心です。
パイル生地になっているので、ふんわりとした肌触りで通気性・吸収性も抜群です。
こちらも洗濯機で洗えます。

人は一晩に200~300cc程の汗をかくと言われていますが、
トゥルースリーパーとデュアルフェイスラップで快適な睡眠時間が確保できます。

低反発マットレスとトゥルースリーパーについて語る!カテゴリー項目一覧

トゥルースリーパーについて

低反発マットレスについて

睡眠について